プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術で分かった事

前回の続き


2年前に受けた腹腔鏡手術
  ① 左側卵巣チョコレート嚢腫
  ② 2センチ程度の子宮筋腫     
  ③ 子宮内膜ポリープ ⇒すべて綺麗に採ってもらった

sachacoが通院していた大学病院は、年間800?900件以上もの婦人科腹腔鏡手術を手掛けているだけあって、無事何の問題もなく手術は終わった(それが当たり前だけどね)

後日、術中DVDを見ながら説明を受けた時、雰囲気的に「これで話は終わりです」という感じだったので、sachacoの脳裏に浮かんでいたある疑問を聞いてみた。

「あの卵管はどうだったんですか?」

腹腔鏡手術には、もれなく卵管通水検査がついてくる。

続きを読む

スポンサーサイト

青天の霹靂

寒さピークの2004年2月、未だに忘れられないあの日の出来事。

sachacoより1ヶ月程度早くに結婚をした友達が、結婚をした年の11月にめでたくご懐妊。
「sachacoも早く子供が欲しいなぁ」と密かに思っていた。

今まで内診がイヤで独身時代から婦人科だけは絶対行きたくない!と頑なに思っていたが、ガン検診も受けた事がないし子供も欲しいから、
検診受けがてら行ってみるかぁ~と思い切って産婦人科に行ってみた。

そこの産婦人科は「マタニティーセンター」と名乗っているだけあって、妊婦さんがほとんど。
ちらほら年配の患者さんがいるくらいで、婦人科受診と言っているsachacoまでもが受付早々、事務的に
(¬ω¬)/Цホレ  「これにオシッコを採って下さい」
なんだかなぁ…ちょっと複雑(ーー;) ちなみに再診の時も当たり前のように採られたさ→意味ないし


受付からどのぐらい待ったのか、名前を呼ばれ診察室へ。
緊張しながらも問診表に記入した事柄を話し、「では隣の内診室へ」

あぁ、いよいよ内診かぁ オマタを広げるのかぁ
ドキドキ 緊張ピーク




続きを読む

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。