プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

腹腔鏡手術日記 4

♪前回までの記録はこちらです。
 http://sacha1406.blog107.fc2.com/blog-date-20071109.html

★2005年10月7日  手術当日★

手術当日は朝からバタバタです。

クローバー午前中の出来事クローバー

起床後すぐに2回目の浣腸処置。

その後、事前にもらっていた血栓予防のための弾圧ストッキングを履き、(スリムウォークみたいなもの)、手術着に着替える。(手術着の下は何もつけていません)

今日は絶食のため、することもなくテレビに釘付け
(順天堂では大部屋でテレビを観る時イヤホーンが必要です
→持ってくるように指示があります)

8時頃
点滴を行う為、先生登場。
初めて会う先生にちょっと緊張しながらも(若くてね~)初の点滴開始。
(この点滴は翌日の午前まで続きます。)

初めて受ける点滴に慣れなくて、なんだか針が入っている部分がイタイ
看護師さんに話すと、
「血管に針が触っているからだと思う。温めてあげると血管が広がって楽になるけど
湯たんぽで温めてみますか?」
………ビックリ!!確かに!温めてあげると痛みが和らぐみたい。うぅ~ん楽々

その後病室の掃除があり廊下に一時退室。
この時、初めて他の患者さんとおしゃべりをしました!
お互いの病気の事、手術の事など話して、ずいぶん気持ちが落ち着きました。

12時頃
「おはよ~」
と笑顔でsachaoクンとsachaoクン母が来てくれました。


長い記事を読んでくださりいつもありがとうございますm(__)m
「続き」に行く前に下のブログランキング1ぽちよろしくおねがいします!



クローバー午後の出来事クローバー

予定表には2番目の手術になっていましたが、
急遽別の患者さんが先に手術を受けた為、午後からの手術になりました。

13時前
手術室から「sachacoさん来てください」コールが入り
看護師さんが緊張をほぐすための注射(ドルミカム)をしに来ました。
この注射、正直言ってものすごく痛かったです。
ストレッチャーに寝たままの姿勢でおしりに打ちましたがあまりの痛さで
足がピクっアップロードファイルと動いてしまい、看護師さんから
「もうちょっとで終わるので我慢してくださいね」
あぁなんとも情けないアップロードファイル

注射後、手術室に移動です。
手術室前でsachaoクンとsachaoクン母に元気に「行ってきまぁ~す」とあいさつ。
そのまま中に入り、待合室みたいな場所で手術室の看護師さんに引継ぎ。
「☆☆ sachacoです」
患者さんの取り違いは大事故の元。名前を聞かれ答えます。
本当ならめったに入れない所、じっくりと中の様子を自分の目に焼つけたかったのに
手術時はメガネもコンタクトレンズもつけられないので
全く何も見えず…orz残念

手術室に入ると、待ってました!とばかりに昨日問診に来てくれた麻酔科の先生が
「こんにちは」とあいさつ。
ストレッチャーからベットに移された途端、sachacoを囲むようにして
看護師さんがてきぱきと心電図やら指に機械をつけ
頭上からは麻酔科の先生。
sachacoの口にマスクをあて
「始めは酸素が流れますよ~」
しばらくして
「次は麻酔です、ちょっと薬臭いかもしれません…」
麻酔!?ビックリ!!と聞いた途端、ギュッと目をつむりそのまま夢の中に入っていきました……


sachacoさん終わりましたよ、聞こえますか?
肩を軽く叩かれながら聞こえる声…
「寒いっ!」
目を開けひと言
「麻酔の影響で寒くなるんですよ、いますぐ電気毛布入れますね」
このひと言でまた眠ってしまったので、看護師さんにお礼もできずアップロードファイル
そのまま病室に戻ってきてしまいました。
(今頃ですが…ありがとうございました。)

病室に戻ってからもしばらくの間寝続け…
その間sachaoクンは執刀医から手術説明を受け、長野で待っているsacha父母に連絡を入れてくれ
無事に終わり安堵したそうです。
(sachacoは麻酔のお陰でただ寝ているだけでしたが、待っている間の約3時間は長く感じたそうです)

麻酔後(手術後)は多少喉の痛みがありましたが(咳き込んだ時にちょっと痛いかな?程度)頭痛や吐き気などはありませんでした。

この日の夜はひたすら寝ていただけでしたが
時間が経つにつれお腹の痛みが気になり
看護師さんの「痛み止めを用意してあるので無理せず痛い時は伝えてください」の言葉に
始めは座薬→夜中に注射で痛みをしのぎました。


ここまでが手術当日です。

コメント

そっかぁ・・・ 手術中は、メガネもコンタクトもなしか。 当然といえば当然ですが、妙なところに、食いついてしまいましたi-229
私は、ものすごいド近眼なので、裸眼では一寸先は闇。ちょっと先になると、ぼんやりとすら見えないので、気になっちゃいましたi-201
でも逆に、そのほうが手術の不安はなくなるかしら・・・なんて。

手術当日は、やっぱり慌しいものなんですね。
いろいろなことを乗り越えて今日までこられたんですもの。今周期のAIHで、sachacoさんがかわいいベビちゃんに逢えることを願っていますi-189

sachacoさん、この前は遊びにきてくれて
ありがとうございます♪

手術おつかれさまでした!!
私のブログにいつも遊びに来てくださる方も
ついこの前ラパロうけたみたいです。
手術後何日間かは貧血がひどくて
家事もあまりできなかったみたいです。
sacahacoさんは大丈夫ですか?

しんどい思いした分、
ベビちゃんが早くきてくれますようにv-421

はじめまして

先日は私のブログへご訪問有難う御座いますv-411
私は来月腹腔鏡手術を行うので、
sachacoさんの日記がとても参考になります。
sachacoさんのAIHが成功しますようにe-420
また、遊びにきますね。

citrusmintさん

そうなんですよ~!
この2つの他に指輪もヘアピンも、あと入れ歯も…みたいです。

目が悪いって切ないですよね。゚゚(/д<*)゚。
私もコンタクトがないと、モノの輪郭は認識できますが、それがなんなのかが良く分かりません。
手術の時も目を細めて一生懸命見ようとしたんですけど無駄な努力でした(^^ゞ
唯一分かったのは手術ベット上の大きな大きなライトでした(苦笑)

旦那も目が悪いので、ケア用品の出費が痛い我が家です。

★いつも暖かい励ましのコメントを頂きどうもありがとうございます。
毎回毎回”頑張るぞぉ~~~!!”と元気(気合)をもらっています(^^)

まちゃりさん

こちらこそ遊びに来てくださってありがとうございます。
とっても嬉しいです(*^^)v

ブログに遊びに来てくださる方もラパロを受けられたんですね。
私も術後貧血になったみたいで退院時に薬をもらいました。
貧血そのものに悩まされたというより、私はその薬で吐き気に悩まされていました。
(/д<*) イマ オモイダシテモ ツラ~イ

その方はもうお元気でいらっしゃるのですか?
私は退院して1週間程度で普段どおりの生活に戻れました。
これが開腹手術だったらもっと長い期間療養が必要だったかなと思います。

★暖かい励ましコメントを頂きどうもありがとうございます。
まちゃりさんにも同じ思いで頑張っている大勢の皆さんにも(私も)、早く早くこうのとりさんが赤ちゃんを連れてきますように(-人-)
一緒に頑張りましょうね!!

ひまわりさん

こちらこそ遊びに来てくださってありがとうございます。
とっても嬉しいです(*^^)v

来月腹腔鏡手術を受けられるのですね。
長い長い記事を最後まで読んで頂き、そして参考にしてくださりどうもありがとうございますm(__)m

今、不安な気持ちでいっぱいではないですか?そばにいたら、ひまわりさんの元にすっ飛んで行ってお話をしたいぐらいです。

ひまわりさんの手術が無事に終わる事をお祈りしています。

体調を崩すと手術がキャンセルになってしまうと思うので、風邪やインフルエンザには気をつけてお過ごしくださいね。

腹腔鏡、私自身は未経験なんですが・・・つい半年前まで仕事で毎日手術前後の患者さんを看てたので、なんだか懐かしい(すみませんv-356)気持ちで読ませていただきました。
これだけ詳しく書かれた記事、これから腹腔鏡を受ける方には本当に参考になりますねv-352
私も今後全く無関係とは言い切れないし・・・なのでとっても勉強になりましたe-149

よよこさん

よよこさんは看護師さんをされていたんですね(^^)
毎度の事ながら長い記事になってしまい(^^ゞ最後まで読んで頂きありがとうございまいました。

私自身病気が見つかった時、手術を受ける事を決めた時にたくさんのブログやホームページから情報をもらい参考になったんです。
私の経験した事が少しでも同じ病気で戦っている方の参考になれば…との思いと、いつかこのブログを振り返った時に「こんな事もあった」と記憶に残せたらと思い、長々なんですが2年前を振り返りながら残しています(^^)

この入院で”看護師さんって天使だぁ”ってずっと思っていました(#^.^#)
笑顔に救われた事が多かったんです。

あの時お世話になった全ての看護師さん(先生・スタッフの皆さんも)今でも感謝の思いでいっぱいです。
非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト