プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

今回もできなかった

なにができなかったって
それはsachaoクンとの夜の仲良し……(*≧m≦*)ププッ



ではなく!(まぁまぁそれもありますが汗;





献血デス……………

新聞を読んでいたら、sachacoの住んでいる神奈川県は2年連続全国最下位の献血率。

今年度も目標を大きく下回っており、輸血用血液製剤の供給にも影響が出始めている。例年、秋から春先までは献血者がさらに落ち込む傾向があり、県赤十字血液センターが危機感を募らせている。(朝日新聞より)

Σヽ(゚Д゚; )ノ そうなの?そりゃぁ大変だ!

と、内心献血をするのに不安がありながらも献血ルームに行ってみました。


「続き」に行く前に下のブログランキングを1ポチをよろしくお願いします!




受付は順調に終わり、おじいちゃん先生の問診で

問題発生! 

手術経験に  OK 大丈夫
血液疾患に  あらっ! どうかなぁ~とファイルを覗き込むおじいちゃん先生。

「鉄欠乏性貧血で薬を飲んだ事があります」(やっぱりひっかかった

実は高校生の時もこの事がきっかけで献血ができませんでした。
(不安というのはこれだったんです

今回も2年前に受けた手術の影響で貧血になり
フェロミア(鉄剤)という薬を飲んでいたため
輸血を受ける患者さんにも献血を受けるsachacoにも大事をとって見送り。
5年ぐらい経てばいいと言われましたがこればかりはどうだか(TДT)

今回はお気持ちだけ頂きますね。ありがとうございました。
よければ自動販売機のジュースを飲んで帰ってくださいね。


協力もできずジュースを頂くなんてできません協力できずごめんなさい…m(__)m
ちょっとしょんぼり涙しながら献血ルームを後にしました。



とここで!
今年の健康診断も異常なし健康そのもののsachacoクンが登場。
献血の話(新聞の話)をし、「協力しない?」というものの針が怖いのかなんなのか
「時間があれば」「機会があれば」
とはぐらかしていましたが
「私だっていつ血をもらうか分からないんだよ。だから本当は協力したいんだよ」
と話をしてから様子が一変。
「そうだよなぁ~自分だっていつもらうか分からないしなぁ。献血しようかな?」

本当にやるかどうかは別としてアップロードファイルsachaoクンの気持ちがとっても嬉しかったです

できないできないじゃなく自分も体調管理をしっかりしないといけない…痛感しました。



( ゚∀゚)σ アンパンマンのエキスって聞いた事がありますか?
恥ずかしながら私は献血ルームに行くまで知りませんでしたが、PCで調べてみました。
お時間がある時に覘いてみてください。

 きよみさんの日記
http://blogs.yahoo.co.jp/anpanman_extract/7537109.html

 こちらは動画です
http://www.tss-tv.co.jp/news/anpan/

子供に限らず待っている患者さんはたくさんいますよね…
「命を繋ぐ血のリレー」sachacoも今度は協力できるといいな

コメント

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト