プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

49歳治療の末無事出産!! 

いつもお世話になっている、漢方薬局のブログに
こんな記事が書いてありました。

↓
自分の卵子でIVF 49歳女性が出産
国内のお話です。

ハート3 「赤ちゃんが欲しい」人のための生活習慣 矢印(右)  クリックするとブログに飛びます



旦那サマのおたまじゃくしと、女性のたまごを使ったIVF…?(ICSI…?)で、妊娠。
去年11月、無事に女の子を出産されたそうです。


(*」>д<)」 おめでとうございます!



2000年から治療を始め、ICSIを30回以上されてきたそうです。





腹腔鏡手術を受けても、自然妊娠にもっていくことができず、
AIHを8回やってみても、うんともすんとも結果がでない。
このままIVFに進んでも、結果は出ないんじゃないのか…

時々こんなことを思い、弱気になる自分がいます。

治療を頑張っているみんなには失礼な話ですよね。あと先生にも。


今回ブログ(新聞記事)を読んでみて、
授かることを信じ、前へと前進していけば、
いつかきっと私たちの元にも、明るい光が射してくれるのかも知れない…。
そう思うことができました。

自分で自分の体を信じてあげなきゃねほっ

このご夫婦から、(簡単には)希望を捨てないで。 エールプレゼントをもらいました。



lin020.gif


新聞記事の中に、『卵巣年齢』という言葉がありました。

何回も採卵ができたのは、女性の卵巣年齢が若かったからと考えられる。
と、先生が仰っています。

卵巣年齢=FSH?  のことかなjumee☆whyL


ブログを書いている薬剤師さんの話だと、

ウォーキングやジョギングで下半身を鍛え、
山芋・里芋など粘りのある食べ物を食べ、
冷たいものを摂りすぎない…
ことが大切みたいです。
詳しくはブログをどーぞ


最近ウォーキングをサボり気味だから、頑張らなきゃアップロードファイル






愚痴りなので、字を小さくしました。


ブログ村のランキングから、ブログにお邪魔することが多いんだけど、

Σ(`‐ェ‐´)ヵチーン!!!

((ヾ(≧皿≦;)ノ きぃぃぃぃっ!怒怒


読んでいて、はらわたが煮えくり返るブログがありました。

同じベビ待ちとは思えぬ、ベビ待ちを批判するようなブログ。
それが、どういう訳だか上位にランキングされていて。

ベビ待ちにはストレス厳禁!なのに、そのブログのお陰で、ストレス溜め放題。

∑(#`皿´)ノ キィーーーーーー!!2度と見てやるか!


今日になってランキングから外されていました。
多分どなたかが、ブログ村に要望を出されたのでしょう。






人の痛みや辛さを感じ取れない、最低な親の元にきた子供は可愛そう…







カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト