プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

いろいろと考える…

今回はかなりの長文ですがーん
お付き合いしてくださる方は続きをどうぞ★


。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。


マスクの件を書いたときに、sachaoクンが長野に行っている。と書きました。

実は先週、義父の母が亡くなり、義母と長男であるsachaoクンが入院中の義父の代理で、お通夜・告別式に行ってきました。


亡くなったという連絡をもらった日、義母と2人で義父の所に行ってたんだけど、
その時は淡々とした姿でいた義父。

あーして、こーしてと義母に指示を出し「宜しく」と、病室を後にする義母を送り出していました。


告別式から2日後。

義父の元に行き、話の流れから、お義祖母ちゃんの話・義父の子供の頃の話に。

それまで普段と変わらぬ様子で話をしていた義父だったのが、一瞬にして顔が真っ赤、目に涙を浮かべていました。

涙は頬を伝うことはなかったんだけど、お義祖母ちゃんの話が終わり、ひと段落付いた時にティッシュを取り、目頭を押さえていた義父。

「おばあちゃんに最後に会ったのは、いつだったけな?」
ちょうど2週間前、お義祖母ちゃんに会ってきた私は、返す言葉が見つかりませんでした。


動きたくても動けない義父。
母親に会いたくて仕方がなかったであろう義父。
自分の置かれている状況がやるせなかったであろう義父。


義父のこと・お義祖母ちゃんのことを思うと切ないです。



3月に漢方薬局に行った時、担当の薬剤師さんに、
お義父さんが体調を崩して入院をしているんですけど、
病名を聞いてショックでショックでたまらなくて。

ということを伝えました。

そうしたら、
この年齢だと、親の病気のこととか出てくる時期ですよね。
自分の母も同じ病気で……

と話してくれました。


生まれた時から親がいて、いつまでも元気でいるのが当たり前。
そんなことを思っていたけど、
自分もこれだけ歳を取ったんだから、親が老いていくのは普通なことで………

GWに帰省をしたとき気がついたんだけど、
私より背の高かった父が、いつの間にか小さくなっていたのには驚きました。
ショックだったなー涙


義父の所に行く道中、運転をしながら、
もし実家で今みたいなこと(親が入院・手術)があったら、どうしよう。
って考えることがあります。

sachaoクンにそのことを伝えたら、
sachacoが行って、看ればいいんだよ。
そう言ってくれています……有り難いことです。


結婚した時は、
これからはずっとsachaoクンと一緒にいられるあアップロードファイル
それしか思っていなかったけどかお
親の近くにいられることがどれほどいいかと、離れてみて感じます。

神奈川に来ること…
自分で決めたことなんだけどね。



親のこと、いろいろと思うこの頃です。



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。


義父の体調ですが、土日で外泊をしました。
ご飯はなんでも食べていい。と話があったそうで、退院も間近ですニッコリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト