プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

採卵が終わりました。

11月19日(木) D15 IVF(ET)周期    taion 36.55

薬 pkk バナン(抗生剤) 朝・夕食後1錠ずつ
薬 pkk デカドロン(ステロイド剤着床環境を整える?とか) 朝・夕食後1錠ずつ


★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★

お腹の痛みはだいぶ楽になる。

静脈麻酔をかけるため、一昨日のPM9時から絶飲食だったにもかかわらず、
おトイレ(小)の回数がいつになく多い。
点滴の影響もあるのかな。

★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★


予定通り、昨日(18日)無事に採卵が終わりました。

結局、採れた卵胞は5つ。

(右の卵巣に) 
いい卵胞が2つあったんだけど、チョコ嚢のうしろにあって採れなかった。
と、K(♀)先生のお話。


(*´Д`)=3ハァ・・・   いい卵胞って………


チョコ嚢に針がささってしまうと、
内容物が飛び散って良くないからムリには採らない。
という話は、K(♂)先生からも聞いてました。

採れていたら7つか。。。。。。。。。。。。。。


K(♂)先生から、ICSIになるかも。というお話がありましたが、
精鋭部隊の状態が良かったので、IVFで様子を見ることになりました。
受精障害なきゃいいけど。


私が通っているクリニックでは、採卵日翌日の受精確認はないようです。

明日(20日)、胚移植当日のAM9時ごろ、クリニックから家に電話が入り、
卵の状況や移植についてのお話があるそうです。


ドキドキ   o(-ω-o)(o-ω-)o ドキドキ


無事受精卵ができて移植となった場合、
PM2時30にクリニックへ行くことになります。









採卵を受けての感想…………
(↓ あくまでも私の場合です。)

静脈麻酔をかけたのにもかかわらず、『イタイ』『イタイ』とうなっていた私。
(完全に寝てしまうというより、わずかながら意識が残った麻酔でした)

麻酔をかけているから、本来なら痛くないはずなんだけど、
私の場合、左の子宮と腸にやっかいな癒着があるため、ひっぱられる痛みで、
採卵が終わった後も左腰~左下腹部にかけ、しばらく痛みが続きました絵文字名を入力してください

右側は全く痛くないんですよ。
だから、右の卵胞はひとつも採らなかったのか↓と思ってたくらい。


もーなにかにつけ、子宮内膜症はイヤだしムカッ




参考にはならないと思うけど、私自身の記録として、
つづきに採卵日2日前~の流れを残しておきます。

11月16日(月)

時計 PM9時

排卵を促すHCG注射を受けに、厚木にある本院に行く。
(陣痛室での注射…なんか微妙だし

時計 PM11時

長いこと続けてきたブセレキュア点鼻薬が、この時間で終わり。


11月18日(火)

薬の服用などがない、のんびりとした1日。
PM9時から絶飲食。


11月19日(水)

時計 AM8時30分

指示された時間にクリニックに行く。
看護師さんから安静室に案内をされ、術着に着替えトイレへ。
(この時間、すでに1人目の人が採卵中)

用を済ませたあと、点滴と麻酔を効きやすくするための注射を筋注。

時計 AM9時05分

採卵室へ。

K(♂)・K(♀)・I先生3人がいる中、
3・4人の看護師さんがてきぱきと心電図やらなにやら必要な器具を取り付けていく。

そんななか看護師さんから
サチュレーション(※1)が153です! との声。

K(♂)先生がすかさず、
緊張してる? と聞いてくるので、コクンと頭を下げる。
良く眠れた?  いや、眠れなかった。
そーかー、じゃぁ終わった後、ぐっすりと寝ていってください。
緊張をときほぐすように、話しかけてくださる。

全部用意ができたところで、
K(♂)先生が採卵に向けてイソジンと生食を使ってオシモも消毒。


酸素マスクから麻酔が入っていき、頭がボーとし始めたところで、採卵開始。

左腰から左下腹部にかけ、強烈な痛みで、痛い、痛いとうなる。


K(♂)先生の 終わったよー の声と、
看護師さんの 5つです。の声を聞き、ストレッチャーで安静室に戻る。


抗生剤の点滴スタート。

時計 AM10時

精鋭部隊を持ちがてら(※2)、sachaoクンが来てくれる。

5個採れたことを伝え、左腰をさすってもらう。

看護師さんが頻繁に様子を見に来てくださり、寝たり起きたりしながら時間を過ごす。
(i pod 持っていって正解。 寝ながらずっと葉加瀬太郎を聞いていた。
通ってるクリニックにはテレビがないので、時間潰し用に何か持参した方がいい)


ある程度時間が経ってから、トイレへの歩行と水分摂取の許可が出る。

時計 PM2時

K(♀)先生の診察があるので支度を整えて、診察室前に来るようにと指示。


採卵結果と今後についてK(♀)先生からのお話。
このとき、ICSIではなく、IVFで受精を進めると話を聞く。



2時30分すぎ、全部終わりクリニックを出る。



※1 サチュレーション … 血液中の酸素濃度。
※2 持参する精鋭部隊について
    朝、私が持ってきてもいいけど、
    10時に持ってきてもらったほうが状態としては1番いい。
    ということで、時間差でsachaoクンに来てもらった。






カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト