プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

凍結融解胚移植 前周期突入

1月9日(土)  D2  凍結融解胚移植前周期(HR周期)   

taion 36.65


★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★

下腹部が重苦しい程度で、生理痛はあまり感じない。

★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★


前回の記事を書いた夜に、(めでたく?)新しい周期が始まりました。

先生からは、D3にクリニックに来るよう指示がありましたが、
D3は日曜日に当たってしまい休診日なので、今日行ってきました。


私が通っているクリニックは自然周期で凍結卵を戻すのではなく、
ホルモン補充周期(HR周期)でのETになります。

今周期はプラノバール(中容量ピル)で卵巣を休ませ、
次周期のD3からプレマリン(卵胞ホルモン ※)で内膜を厚くしていき、
内膜チェックでOKがでたところでET。

途中ホルモン検査(血液)と、ET前3日間、黄体ホルモンの注射があるそうです。


今のところETの予定は2月8日~13日辺りになるそうです。



(※ プレマリンを使うと血液が濃くなってしまうので、
血液をさらさらにするために判定日まで小児用バファリンを服用します)




次の診察日は18日(月)、子宮頚管の培養検査のため通院です。




たまごちん。
寒いなか、お迎えに行くまでずっと待っていてくれてどうもありがとう。
準備万端な体調にしてキミを迎えに行くから、
培養士さんが『起きて~』って合図を出したら、
元気に目覚めて、おなかに戻ってきてね。
無事に戻ってきてくれることを、おかーちゃんは祈ってます。



ETまで順調に進みますように。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト