プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は、アンタゴニスト法で誘発……の予定。

クリニックに行ってきました。

今まで飲み忘れ数多し飲んできた八味地黄丸が終わるので、
今後の治療のことを含め、K(♂)先生の顔を見に行ってきました~

前回(初回)の刺激法は、ロング法でした。
結局、新鮮胚でも凍結胚でも結果が出なかったので
アンタゴニスト法(※)がいいかも、と。

アンタゴニスト法にして、
卵胞の数を増やすのではなく、卵の質をあげることに期待だそうです。


前回のデータを踏まえ、
以下の治療方針を話してくださいました。

① 刺激周期中に、糖尿病で使う薬を飲む。

② 採卵から2日目の4分割の受精卵を戻す。
 前回も初期胚だったのに、胚盤胞じゃないんだ↓ と、一瞬落ちる。
先生の話だと、初期胚で戻すのがベストらしい)

③ アシステットハッチングをする。

④ お腹に戻したら、アスピリンの薬を飲んでみる。    等々。
(着床環境を良くするため)


糖尿病で使う薬は、本来は血糖コントロールで使うものらしいのですが、
その薬を使うことにより、糖の吸収を高め、卵の質をあげてくれる(??)
とのお話。

なんだけど!
その点のことがうろ覚えで、はっきりと覚えていません
先生は丁寧に教えてくれたのに(汗)
副作用はない、とのことなので、
もし使うことになったら、もういちど確認をしてみようと思います。


<前回やったロング法とアンタゴニスト法の違い>

簡単にいうと、ロング法で使っていた点鼻薬(ブセレキュア)は、アンタゴニスト法では使わないということ。
(点鼻薬の代わりにGnRHアンタゴ製剤(注射薬 セトロタイト・ガニレスト)を使う)

点鼻もGnRHアンタゴ製剤も、採卵前に勝手に排卵をしないよう、排卵を抑えるために使うものですが、点鼻の作用は8時間と短く、そのため1日3回決められた時間に投与が必要で、長期間の投与となる。

その点GnRHアンタゴ製剤は、1回打つと作用が約30時間と長く、排卵(採卵)間近に数回打つだけで良い   

…………  らしい。

ロング法よりマイルドな刺激方法だそう。

欠点としては、薬剤1本の値段が、べらぼーに高いこと。
(通っているクリニックでは、1本8,000円)


(間違った知識かも知れないので、ちゃんと調べてくださいねー)


卵巣刺激の方法はロング法と変わらず、
採卵周期D3から誘発剤を打ち始め、採卵2日前まで連日注射。

前回の時は、採卵前周期D3のE2(エストロジェン)が94と高かったのですが、
改めてそのことを聞いたら、
卵胞の数は育たないかもしれないけど、質には影響はない。
DHEAを飲んでいるから、たぶん(E2の数値は)大丈夫だと思うよ。

と。

前回は、強制リセットだのAIHに変更しようかだの、
♪1歩進んで、2歩下がる~的な経過だったので、
今回はスムーズに採卵までいってほしいです。 

(*´人`)=3  E2ガ キジュンチナイデ アリマスヨーニ
第一関門はこれだね。




なんとしても
次で結果を出したいっ!
あぁ~ お願いします、お願いします。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。