プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは私です。

完全なるグチなので、不快に思われる方は続きを読まないでください。






今週水曜日、横浜であった受精着床学会に行ってきました。

先生たちに混ざって、難しいお話を聞いてきたのではなく、
(聞いても分からない)
不妊治療患者限定で、
妊娠・治療継続が難しい患者へのアプローチ
と題した、ワークショップへ参加できるというので行ってきました。
ある人が、ワークショップに参加した感想をブログに載せていました。

最後に、どーでもいいことだけど。と前置きをし、
一応学会に来ているのだからと、服装の件を述べていました。

ジーパンやマキシ丈ワンピースで参加は?????? だと

きちっとした服装でなくてもいいけど、
ジーパンは作業着。
ワンピースもマキシ丈で肩出し。
リゾートにきているんじゃないんだから。

不妊患者の質というか、常識が問われる貴重な場でもあったのに、
ちょっと残念な気もした。

と書いてありました。


(ーー;).。oO(スミマセンネ)
常識なくて。


その方は、医療関係のお仕事をされていたそうで、
学会にも参加されたことがあるみたいです。

確かに、医療関係者はみな、スーツやら着ていたわ。

私自身、医療関係者ではないので、学会というものは良く分からないし、
服装のことまで気にしていませんでした。

患者までもが、気にしていかないといけないのかい?

患者自身で「参加しよう」と決め、
会場まで足を運ぶことだけでも、素晴らしいことだと思うけど。

だったら、
案内のお手紙に注意事項として、服装の件を書いておいて欲しかった。

主催者側も、それぐらいのことは常識でしょ?と、思っていたのかしら。

うーん

それよりも、演者が発表をしている最中に、
ずーと居眠りをしている人の方が、私は失礼だと思いますけど。

ワークショップ中ずっと大船をこいで寝ている人の後頭部を見ながら、
発表を聞いていました。

緑の紐がついた名札をつけていたから、医療関係者の人だと思うけど、
寝に来ているのなら、その場にいないで欲しい。

不愉快極まりない。
こっちは真剣なのに。



ワークショップに参加した人のブログって読んだことがなかったから、
この人も同じ時間を共有してたんだ~
と、嬉しく思いながら読んでいたのに、最後でガツッとやられ凹みました


服装まで考えていかないといけないのなら、
もうこの手の講演は参加しないでおこうかな。



○○さん、私のせいで不快な思いをさせてしまったこと、
どうもすみませんでした。


お互い1日も早く、子供が抱けるといいですね。



あ゛ぁー 
ホント世の中様々な考えをもった人がいるし。

だから、面白いんだけど。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。