プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちょこっと」から「1歩」 前進

10月8日 (金)  5W2d

 ユベラ シナール (ある分で飲みきり)
    バファリン     (ある分で飲みきり)
    デュファストン
    エストラーナテープ

 葉酸

 プロゲストン50mg


★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★

吐き気も無く食欲もあり。

前よりはマシになったけど、ゲップが出る。

★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★


判定日から1週間。
この1週間は非常に長くて不安だらけでした

判定日、机の上にあった妊検をジッと見ていた私。
(陽性と言っても、なんか薄いよな~) → 心の声
今の時期、こんなもんだよ。
あっさり返答をするK(♂)先生。

その後、他の患者さんと勘違いをされ、
化学流産したことあったんだよね?
と縁起でもないことを言われていたのです

いいえ、今回初めて反応が出ました。
そうだっけ?
カルテをペラペラとめくる先生。
そのうち、
あぁー   私の勘違いでした。


。゚゚(/д<*)゚。 不安要素  だぁー

もしかしたら、
妊検→薄い反応  
薄い反応→化学流産  

先生は何かを感じていたのかも知れない。

判定日をむかえる2週間よりもこの1週間の方がずっと長く感じました


lin062.gif


診察室に呼ばれカルテを見たら、今日で5W2dと書いてありました。

今日までの間、ずっと私を悩ませていたK(♂)先生の勘違い発言でしたが、
そんなのどこ拭く風で、無事に胎嚢が確認できました。

大きさは11.1mm。
大きさとしては順調なようです

この前はなかった
おめでとう! 
が今日は聞けました。
(看護師さんからもおめでとうございます!と 嬉しいよー)


次回の診察からは、別階にある産婦人科になります。
今日の診察で、不妊センターは卒業です。
(といっても、次の診察までは不妊センターで注射が続きますが)

先生たちは、産婦人科と不妊センターを兼務しているので、
階が変わっても、今までの先生たちに診てもらえます。

その点では安心です。


まだまだ心拍確認までは遠い道のりですが、
おなかにいるたまごちんを信じて、ゆっくりのんびり過ごそうと思います。
あぁー 引っ越しの荷造りもしなきゃいけないのに。


出産予定日は2011年6月8日です。




続きには、
移植日にお腹にもどしたたまごちんの写真と、
今日のエコー写真を載せておきます。


9月18日 ET


2010.10月8日(金)  5W2d



カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。