プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙もろくなった  (長文です)

2011年も明けて7日目、
神奈川は今日も晴天なり
雪のない生活はラクだー

みなさん、
本年もワタクシ&このブログをどーぞ宜しくお願いいたします。

2008line_011.gif

野田聖子さん、無事ママになりましたね。
おめでとうございます

未だこの件に関しては賛否両論ありますが、
私は純粋に素直におめでとうと言わせて頂きます。

野田さんも子供さんも元気でいるそうで良かった。
ホント良かった。


ある朝の番組で、
今まで野田さんがされてきた不妊治療10年の道のりを、
過去に出された
「私は、産みたい」
の本の中から抜粋して振り返っていましたが、
読み上げていた文章が自分の治療中とダブってしまい、
目頭が熱くなりました。

きっと多分、今も治療中の身だったら、
泣くこともなく淡々と聞き観ていたと思います。

私の場合治療期間としたら全然短いのかも知れないけど、
治療自体は決して楽ではなかった。

“希望”
の2文字で前を進むも、
治療空しくリセットされ
“落胆”
へと心は突き落とされる。

そして時間の経過と共にまた
“希望”
へとかわる。。。。。。。。。。。。

治療のたび、それが続くのだから辛かった…………       な。
おまけに治療費はかさむ一方だし。



そーだ。
なぜ今回里帰りをしないで、神奈川で出産をしようと思ったのか、
確かここには書いていませんでしたよね。


これは治療をしていた時からずっと考えていたことでしたが、
sachaoクンの存在が大きいのです。

AIHの時もICSI(IVF)の時も、
ひとことも「イヤ」と言わず、
仕事が休みの時は必ずクリニックに付き添ってくれ、
2人3脚で治療に協力をしてくれました。

クリニックから渡された無機質なプラスチックの容器に
精鋭部隊を採取しなければいけない。

男としてのプライドを思えば、イヤな作業だったと思うけど、
毎回、嫌でしょ?ごめんね。
と口にするも
なんで?そんなことないよ。
いつも同じ答えでした。

結果がでなくて八つ当たりしても、
文句ひとつ言わず黙って聞いてくれたsachaoクン。


私自身、不妊治療としてのゴールは
“我が子を自分の腕で抱く(出産)”
と思っているので、
今まで2人3脚で進んできた治療の道のりを、
最後までsachaoクンと一緒に進みたかった。

出産も2人でむかえたい。

出産後、実家の親に甘えられたらどんなに楽かとも思うけど、
それよりもsachaoクンと進んできた道の方が私には大切でした。







あぁー
なんだかとりとめなく書いてしまったな

野田さんのテレビを観てから、
どーもおセンチな気分になってしまっているみたいです



 ★ おちびちゃん ★

私とsachaoクンを親として受け入れてくれて、ありがとう。
おとーさんもおかーさんも、
おちびが家族としてお腹に来てくれたこと本当に嬉しいです。
1日も早く会いたいけど、桜が咲いてもうちょっと暖かくなるまでは、
お腹の中で元気にスクスクと大きくなってね。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。