プロフィール

sachaco

Author:sachaco
sachaco(本人)38歳
sachaoクン(旦那さん)38歳


2003年6月 結婚

2005年10月
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜ポリープのため、腹腔+子宮鏡手術を受ける。

2007年8月
重い腰をあげ、不妊治療を開始。

AIH8回
内膜ポリープ摘出のため、子宮内膜ソウハ
IVF-ET1回
凍結融解胚移植(ホルモン補充)1回
ICSI-ET1回
を経て、

2011年6月10日
待望の娘が誕生しました。

コメント欄を閉じています
何かありましたら、下のメールにお願いします(人´∀`)

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おnewな日記
大切なお友達&サイト
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード

手術で分かった事

前回の続き


2年前に受けた腹腔鏡手術
  ① 左側卵巣チョコレート嚢腫
  ② 2センチ程度の子宮筋腫     
  ③ 子宮内膜ポリープ ⇒すべて綺麗に採ってもらった

sachacoが通院していた大学病院は、年間800?900件以上もの婦人科腹腔鏡手術を手掛けているだけあって、無事何の問題もなく手術は終わった(それが当たり前だけどね)

後日、術中DVDを見ながら説明を受けた時、雰囲気的に「これで話は終わりです」という感じだったので、sachacoの脳裏に浮かんでいたある疑問を聞いてみた。

「あの卵管はどうだったんですか?」

腹腔鏡手術には、もれなく卵管通水検査がついてくる。

「青い水を通しましたが、今回は通りませんでした。クラミジアが原因の事もありますが、sachacoさんの場合は内膜症が原因でしょう」

新生児室でsachaoクンと生まれたての赤ちゃんを見ながら、
「これで私も子供が出来る+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+」と
幸せをかみ締めていた所に、爆弾をいくつも落とされた気分になってしまった。

sachaoクンは手術後、摘出した物の説明と手術内容の説明を執刀医から聞いていた(らしい)
その時に卵管の話は聞いていたそうで、
水を通したけど通らなかった事、卵管の中の様子までは分からないが、周りを見た所異常は見つからない。もしかしたら、今回子宮鏡を使ってポリープを採ったので、そのカスが中に入ってしまったのかも。
しばらく自然妊娠に掛けてみて、出来ないようだったら卵管の検査をしてみるといいですね。
と聞かされていたそうだ。

sachacoが入院をしていた5日間のうち、術後3日間は体育の日やらなんやらで連休だった。
執刀医の先生も休みだったらしく、術後sachacoに説明をしてくれた先生は手術にはかかわっていない。
ただ、手術過程が書かれた紙とDVDを見ながらの説明にしかすぎなかった。
(執刀医の先生も手術当日、病室に顔を出してくれたが麻酔から覚めていなくひたすら眠っていたので名前だけ呼んでそのまま出て行ってしまった。→先生が来た記憶は残っている)



そんな経過もあり、卵管の事も気にしつつ自分に子供が出来ないという事実を認めたくなく自然妊娠に掛けていたけど、ずるずると月日だけが過ぎ、ようやく不妊専門クリニックに通院…
で、今回の検査でやっぱりというか、なんで?というか…

やっかいなクラミジアにまで罹っていたことが分かった。(最近のクラミジアではなく、過去に罹っていたものらしい)
前から、おりものが多いと思って何回も検査をしていたのに…
こんな結果でsachaoクンにも申し訳ないし、これで卵管は確実に詰まっている事が確定だなと。

院長先生にこの1件を話した時、
「カスが詰まるという事は考えられないなぁ」
と両方水が通らなかった事をsachacoに確認をし、体外を視野にした話をされた。

「体外をやるにしても何にしても、まずは内膜ポリープを採って綺麗にしないと」

あぁ…やっぱsachacoに残された道は、これしかないのかなぁ。


(今回タイミングを取ってください!と言われたものの、この卵管疑惑がほぼ確定されたので、なかなか行動を起こす気になれず…… 手術の結果がガラリと変わる事ってあるのかな?)









コメント

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Daisypath Anniversary tickers


すくすく成長中 ヽ(・∀・)ノ

ポチッとクリック





赤☆でお勉強


お借りしてます 素材サイト